中学から数学だいすき!

算数や数学はにがて。でも、あきらめないで。
得意な人は、ミスをなくそう。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 特集 部分と全体 目次 | 最新へ | 値引き・消費税− >>

部分の割合−

 考え方 「部分と全体」 の冬休み特集です。

 「全体に対する部分の割合」を数値で表す考え方があります。例えば、消費税、濃度、扇形と円の面積、標本調査、確率など、部分の割合が使われています。

 割合は、数値Aを数値Bをもとに比べた値で、整数・分数・小数で表すことができます。割合は比率ともいいます。
整数: 比 (A:B=1:2)、倍(BはAの2倍、B=2A)
分数: 比の値 (A/B=1/2)
小数: A/B=0.5

小数の割合を、歩合・百分率で表すことができます。
 A/B=0.123 のとき、
歩合: AはBの1割2分3厘
百分率: AはBの12.3%

例: 小麦粉Aを200gとそば粉Bを800gでそばを打つとき、
 AとBの比は、200:800=1:4
 AはBの1/4
 AはBの2割5分
 AはBの25% です。

練習
1. ある学級の生徒数は30人で、男子は12人です。女子は全体の何割ですか。

2. 100万円の貯金に対して2000円の利息がつきました。利子は何%ですか。

3. 500mLのスポーツドリンクに、「100mL当たり ナトリウム 34mg」と表示されています。ナトリウムは何mg含まれていますか。

4. 4月から、消費税が5%から8%になります。3月まで消費税込みで2100円で買える本は、4月からは消費税込みでいくらですか。

答 え










答 え
1.
 (30−12)/30=0.6 から、6割 ・・・(答)

2.
 (0.2万円/100万円)×100=0.2 (%) ・・・(答)

3.
 500×(34/100)=170 (mg) ・・・(答)

4.
 本そのものの本体価格を円とすると、
 (1+0.05)x=2100
  x=2100/1.05=2000
 2000(1+0.08)=2160 (円) ・・・(答)


- | 中学から数学だいすき! 目次 | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする