中学から数学だいすき!

算数や数学はにがて。でも、あきらめないで。
得意な人は、ミスをなくそう。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生徒の数− | 最新へ | 食塩水の濃度− >>

コメント(2013年)

 
最新コメント    コメント(2015)  コメント(2014)
コメント(2013) コメント(2012)  コメント(2011)  コメント(2010)

2013/12/20 ema さん、コメントありがとうございます。お役に立てて幸いです。 (筆者)
2013/12/17 3つの比
こんにちは。 連比の解き方がわからず、このサイトにたどり着きました。
 言われてみればたしかに!とすっきり解決することができました。ありがとうございました。
 そんな私は大学受験のために浪人中です…こういう初歩的な部分が欠けているとは思わなかった…
 (ema)
2013/11/26 ゆうふぉいさん、こんにちは。連立方程式の解き方は、ゆうふぉいさんの計算でもよいのですが、計算途中で未知数にマイナス符号が付くことを避けるためです。例えば、
練習1  y=2x+1  ・・・
      y=−x+2 ・・・
◆櫚 А。亜
3x+1  x=1/3
 櫚◆А。亜瓧械−1  x=1/3  (筆者)
2013/11/25 直線と直線の交点
質問です。
なぜ、練習1と練習2は 辞△覆里法⇔習3は◆辞,覆里任靴腓Δ?
また、練習1や練習2は◆辞,鬚靴討呂い韻覆い鵑任靴腓Δ? (ゆうふぉい)
2013/11/18
ぎー太&むったん さん、扱う範囲か広報か曖昧ですが、コメントありがとうございます。 (筆者)
2013/11/17 円に接線をひく
わかりやすいよー
さいこーだよー
もっとサイトひろげては (ぎー太&むったん)
2013/11/16 kaitoさん、コメントありがとうございます。
 変化の割合は、高校で学ぶ微分と関係しています。
  y=ax  の変化の割合=a
  y=ax
の変化の割合=a(x+x
  y=ax の変化の割合=a(x
+x+x
3つの関数を順にで微分すると、
 dy/dx=a,2ax,3ax となり、
=x=x とした式と一致します。
 変化の割合は、区間〜x の傾きを表します。一方、微分した式は、点(x,y)における接線の傾きを表します。
 理科・物理の落下運動 s=4.9 では、変化の割合が平均の速さを表し、微分した式が瞬間の速さを表します。  (筆者)
2013/11/16 3次関数はどうなる?
今ちょうど3次関数のことで困っていたのですが、これを見たら問題解決しました!分かりやすくてすごいよかったです! (kaito)
2013/11/4 maruko さんの質問に回答します。
 x/2=3 を、シーソーで考えてみましょう。
 =をシーソーの支点▲とすると、左の重さ x/2 と、右の重さ 3 が、つりあっています。
 x/2      3
―――――――――
  x/2=3

 シーソーの左右に同じ重さを加えても、つりあうので、
 左に x/2 を加え、右に 3 を加えます。
x/2+x/2    3+3
――――――――――――
  x/2+x/2
  =3+3

 図を式にすると、
 x/2+x/2=3+3  同じ数が2つあるので、
 (x/2)
×2=3×2  左右に2をかけたのと同じ。
 x=3
×2=6
(まとめ)
分母をはらうため、等式の両辺に同じ数をかけてもよいので、 x/2=3 の両辺に2をかけると、 x=6 (筆者)
2013/11/3 方程式と解
x/2=3 から x=6 になるのはなぜですか。 (maruko)
2013/10/27 korashoさん、コメントありがとうございます。
鶴亀算では、ツルとカメを動物とみなし、「匹」を使っているようです。「羽」と「匹」の単位が異なると、計算ができないからです。
単位を「個体」にすると、単位を統一できます。
例: ツルとカメが合わせて20個体います。 … ツルとカメはそれぞれ何個体ですか。  (筆者)
2013/10/26 算数から数学へ
「ツルの数を x 匹」は間違い
「ツルの数を x 羽」が正解 (korasho)
2013/09/26 *^v^* さん、うれしいコメントをありがとうございます。 (筆者)
2013/09/24 最小公倍数の計算と理由
すごくわかりやすいです。
 *^v^*
2013/09/17 きゃりーさん、例題の(別解)について、平均の計算方法をもう少し詳しく説明します。違う箇所でしたら、またコメントしてください。
(別解) 150とのズレを計算する。
 データを小から大に並べたとき、真ん中あたりの数字を仮の平均(
仮平均)とします。すると、次のように簡単に平均を計算できます。
 (175+165+
150+120)/
=(
150×4+25+15+−30)/
150+(25+15−30)/
150+2.5
=152.5 (cm)    (筆者)
2013/09/17 平均を計算する
あまり分からない。 (きゃりー)
2013/08/29
く さん、コメントありがとうございます。 (筆者)
2013/08/27
確率の意味
ありがとうございます。 (く)
2013/08/25 正負の数は数学の基礎知識です。きゅうとさん、コメントありがとうございます。
2013/08/22 正負の数 規則集1
わかりやすい。 (きゅうと)
2013/08/16 村上さん、コメントありがとうございます。お役に立てて幸いです。 (筆者)
2013/08/16 中央値を求める
IEの時間分析手法を使い動作改善を行うのですが、計測した時間を中央値で見るのか、平均値で見るのか議論の対象になる時があります。
資料を拝見し、中央値の考え方が良く理解できました。 (村上)
2013/07/22 Ciel さんの質問にお答えします。
(解答) −a を先に計算
 (−a)
={(−1)(−5)}=5=25
(別解1) (AB)=A を使う
 (−a)
=(−1)=(−5)=25
(別解2) 負の数=正の数 を使う
 (−a)
=a=(−5)=5=25  (筆者) 
2013/07/22 代入による計算
数学の宿題で、どうしてもわからないって言うか...一応答えは出たんですけど、合ってるか分からない問題があるので解いてください。
問題 a=−5のとき、−aの2乗の値
すいませんが、お願いします!!!
 (Ciel)
2013/07/22 どういたしまして。 (筆者)
2013/07/22 代入による計算
ありがとう! (kふぇwkれlkr)
2013/07/01 キリトさん、お役に立てて幸いです。
1次、2次は方程式や関数の名前になっています。
 x−2=0 (1次方程式)
 x
−9=0 (2次方程式)
 y=2x+1 (1次関数)
 y=3x
  (2次関数)  (筆者)
2013/06/30 1次式と2次式
凄い分かりやすかった! (キリト)
2013/05/16 ブー子さん、コメントありがとうございます。
冬休み特集でも絶対値を取り上げています。 (筆者)
2013/05/15 絶対値の意味
解りやすいです。 (ブー子)
2013/05/03 ぬ さん、こんにちは
ご質問の問題は、解が無数にあるため、次のように問題文を修正してお答えします。
問題 負の整数のうち、絶対値が5より小さい数をすべてあげなさい。
解答 負の整数 n と 0 との距離が5より小さい場合は、
 −5<n<0 なので、
 n=−4,−3,−2,−1 ・・・(答)

(参考) 絶対値の応用  (筆者)
2013/50/02 絶対値の意味
意味がわかりません。
問題 絶対値が5より小さい負の数をすべていいなさい。
 こういう問題の時どうしたらよいのでしょうか? (ぬ)
2013/04/28 ALBAさん、回答が遅くなりました。質問にお答えします。
 (−2x−6)+(x+4)   かっこをはずすと、
=−2x−6+x+4       同類項をまとめると、
=(−2x+x)+(−6+4)  順序を変えると、
=(x−2x)+(4−6)  小−大=−(大−小) から、
=−x−2 となります。
 (参考) 多項式の足し算・引き算  (筆者)
2013/04/23 (−2x−6)+(x+4) がなぜ −x−2 になるか教えてください。 (ALBA)
2013/04/05 ゆずさん、コメントありがとうございます。お役に立てて幸いです。 (筆者)
2013/04/04 台形の回転体
大変分かりやすかったです。(ゆず)
2013/04/02 WW…W さん、数の平均と度数分布表の平均の関係について説明します。詳しくは「資料を整理する」の平均値を求めるをご覧ください。

例: 次の表から、通学時間の平均を求めてみましょう。
通学時間(分)
(以上〜未満)
人数
  表を、度数分布表、
  通学時間を階級、
  人数を度数、
  階級の中央の値を階級値
  といいます。
0〜10
10〜20

 1〜10 が何分か不明なので、5分(階級値)とします。
 10〜20 も何分か不明なので、15分とします。
 平均
={(5+5)+(15+15+15+15)}/(2+4)

=(5×2+15×4)/(2+4) 
← 度数分布表の平均
 で求まります。 (筆者)
2013/04/01 度数分布表の平均
もっと詳しく。 (WW…W)
2013/04/02 santa さん、コメントありがとうございます。
2013/03/30 最新コメント
偉大なブログ。 (santa)
2013/04/02 縦棒さん、コメントありがとうございます。
 関数の例を4つ示します。 x と y が式によって対応しているので、 x の値が決まると、 y の値が決まります。
  y=2x (比例)、y=3/x (反比例)、
  y=x−1 (1次関数)、y=2x
(2次関数)
 例えば、y=2x で、x=1,2,3 のとき、y=2,4,6
 
変域は、x や y の値の範囲です。
 例えば、y=2x で、1≦x≦3 のとき、2≦y≦6 が y の変域です。グラフをかくとわかります。  (筆者)
2013/03/30 関数と変域
わからん。 (llll)
2013/03/30 まさやさん、コメントありがとうございます。
円錐の体積問題が学力テストで、円錐と体積比の問題が高校入試でく出題されています。 (筆者)
2013/03/29 三角柱・円錐の体積−
有り難うございます。おかげで塾の宿題にもいかせそうです。 (まさや)
2013/03/21
ひよこさんの質問にお答えします。
下の図で、AB=6、BC=10、C F=3 のとき、

 三角柱と三平方の定理
ー遡笋三角柱の体積ならば、
 (6×10÷2)×3=(6×10×3)/2=90 (cm3

⊆遡笋四角柱の体積ならば、
 底面積=6×10 のとき、
 体積は、6×10×3=180 (cm3

質問が対角線の長さならば、
 三平方の定理から、
 AF=AC+CF
    =(6
10)+
    =10+3=145
 AF=145
(cm) (筆者)
2013/03/20
三角柱の体積
横6センチ。横10センチ。
縦3センチの公式教えてください。 (ひよこ)
2013/03/14 かよこさん、コメントありがとうございます。
x−2=0 のような1次方程式を解くときに、因数分解は使いません。
2次方程式は、x
−5x+6=0 のような形をしています。
左辺を(x−2)(xー3)のような
積の形に変形することを、因数分解といいます。
 (x−2)(xー3)=0 なので、
  x=2 または x=3 (x=2,3 と書けます)
2次方程式をを求める問題とすると、因数分解は問題を解く1つの方法です。
例: 2次方程式 x
−9=0 を解いてください。
 左辺を因数分解すると、(x+3)(x−3)=0
 よって、x=−3,3 (x=±3 と書きます)
(別解1) −9=0 から、=9 x=±9=±3
(別解2) 解の公式から、
  x=±(4×9)/2=±3  (筆者)
2013/03/12 方程式を因数分解で解く
もうすぐ試験です。
因数分解と方程式の違いがさっぱりです。
あほすぎて、情けないです。
あほでも分かる説明お願いします。 (かよこ)
2013/03/05 パ−ツカスタムさん、赤字の部分を本文に追加しました。
関数において、変数のとり得る値の範囲が変域です。1次方程式は関数ではないので、変域という考え方はありません。例えば、x>0 y>0のとき、
 1次方程式の解: −x+4=0 のとき、x=4
 1次関数の変域: y=−x+4 のとき、

             0<x<4
0<y<4  (筆者)
2013/03/04 変域を示す
1次方程式のやり方も教えてもらってもいいですか? (パ−ツカスタム)
2013/02/25 0x0 さん、コメントありがとうございます。
本文の説明や計算式を、できるだけ分かりやすく直しました。もし分からないところがあれば、具体的にご質問ください。 (筆者)
2013/02/24 ご石の問題1
わっかりにく 0x0
2013/02/24 坂詰さん、ご指摘ありがとうございます。本文を、赤字のように修正しました。 (筆者)
 A=(5x−8y)/(4x+9y)  x を代入すると、
  =(−35
/8−8y)/(−28y/8+9y)
  =(−35/8−8)/(−28/8+9)
2013/02/23 分数式の値
3の答え 5行目 
=(−35/8y−8y)/(−28y/8+9y) は、
 
の位置が違って、
=(−35y/8−8y)/(−28y/8+9y) だと思います。 (坂詰)
2013/01/17 谷口さん、コメントありがとうございます。
証明問題は、与えられた条件(仮定)、証明すること(結論)、使える定理や証明の流れを考えます。問題数をこなすと証明に慣れます。  (筆者)
2013/1/16 合同・相似条件の書き方
僕はあんまり証明が得意じゃないのでこれを見てわかりました。 (谷口)
2013/01/17 サッカーさん、コメントありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。 (筆者)
2013/01/16 三角柱の体積
なかなかいい。 (サッカー)
2013/01/17 ナオミさん、こんにちは。
2013年の最初のコメントをありがとうございます。
例題2の不等号への質問と考えてお答えします。
 Aさんは、|100−115|=|−15|=15>10
 Bさんは、|100−96|=|4|=4<10
 Cさんは、|100−108|=|−8|=8<10
上の式の意味です。
の広がっているほうが大きい。
 A: 絶対値−15は15で、15は10より大きい。
 B: 絶対値4は4で、4は10より小さい。
 C: 絶対値−8は8で、8は10より小さい。
絶対値については、冬休み特集(絶対値)もご確認ください。 (筆者)
2013/01/15 絶対値の意味
初めまして
まだこのサイトを知ってから一日です…
私はどうしても絶対値の不等号の向きが全く分かりません。
教えて頂けませんか?  (ナオミ)

最新コメント    コメント(2015)   コメント(2014)
コメント(2013) コメント(2012)  コメント(2011)  コメント(2010)

- | 中学から数学だいすき! 目次 | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする