中学から数学だいすき!

算数や数学はにがて。でも、あきらめないで。
得意な人は、ミスをなくそう。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文章題3−うるう年 | 最新へ | 文章題3−速さ(公式) >>

コメント(2015年)

 
最新コメント    コメント(2015) コメント(2014)
コメント(2013) コメント(2012)  コメント(2011)  コメント(2010)

2015/12/29 Aaaa さん、コメントをありがとうございます。
説明を見直し、読みやすくしました。 (筆者)
2015/12/28
多角形の内角と外角
少し難しかったけど、分かりやすかったです。 (Aaaa)
2015/12/17 80歳の村上 ひろのりさん、お役に立てれば幸いです。数学の勉強を応援しています。
 今年(2015/6/14)に、佐藤甚喜さん(満80歳)から、数学への意欲いっぱいのコメントをいただきました。
 また、2009/7/25 には、中3のお孫さんから数学の質問を受けたという、テイクウッズさんからのコメントもありました。 
 お孫さんの数学の質問に答える光景は、ほほえましいですね。 (筆者)
2015/12/16 はじめに
 わたくしは もう80歳の高齢者です。
 学生時代数学ができず劣等感を持ち続けていました。
 孫が、今中2です。これを機にもう一度中学からの数学を勉強しようとしています。
 そんな中、偶然先生のHPに出会いとても勉強になりました。 感謝いたします。
(村上 ひろのり)
2015/11/23 祐太さんと同じようなコメントがありました。
2011/5/28
 項・係数・1次式とは
マジで、数学、算数は、クソだ。
消えればいいのに。
社会にでても、全然使わないし。
マジで、役に立たね〜〜。 (数学なんか役に立たないし!)
そのときの回答です。
「数学なんか役に立たないし!」さん、コメントありがとうございます。確かに、項とか係数とかややこしいですね。
「なぜ数学を勉強するのかわかりません」(中学生)、「私たちが学ぶ数学は日常生活で役立つのか、考えました」(高校生) という 数学の勉強 についての記事が新聞の投書欄に載っています。 (筆者)
2015/11/22
比例定数
数学大嫌い消えろ!
数学しょうめーーーーつ (祐太)
2015/11/13 hideさん、ご指摘ありがとうございます。
(別解)で、「」を「−」と書いていたので、修正しました。
 y=2 : x=18−3y/2−15 ×
 y=2 : x=18−3y/2
15  (筆者)
2015/11/12 自然数−整数解
2の答えは x=3、y=10
別解 y=2、x=15
が抜け落ちていませんか? (hide)
2015/7/19 吉田さん、こんにちは。次のように解くことができます。
(解答) 1次方程式で解く
 AチームをA人とすると、Bチームは、(X−A)人
 A:(X−A)=3:2 から、
 3(X−A)=2A
 3X−3A=2A  3Aをたすと、
 3X=5A  5でわると、
 A=3X/5 (人) ・・・(答)

(別解)
 連立方程式で解く
 AチームをA人、BチームをB人とすると、
 A:B=3:2 ・・・
 A+B=X  ・・・
,ら、3B=2A  3でわると、
      B=2A/3  △紡綟すると、
 A+2A/3=X  3をかけると、
 3A+2A=3X
 5A=3X  5でわると、
 A=3X/5 (人) ・・・(答)  (筆者)
2015/7/17 比の計算
AチームとBチームの人数の比が3:2である。
AチームとBチームの人数の合計がX人のとき、Aチームの人数を求める。この解き方を教えてください。
 (吉田)
2015/6/15 満80歳の佐藤甚喜さん、ありがとうございます。コメントを拝読して、サミエル・ウルマンの詩が浮かびました。
 仕事の日数や所要時間の計算は、実務で使われています。
例1: プログラムの作成時間
例2: 工事の作業時間
 文章題を解く2 では、仕事以外の問題も扱っていますので、ご参照ください。  (筆者)
2015/6/14 仕事の日数
高校は卒業しましたが易しい数学も理解できない状態でしたが永年インターネットで数学の講座を視聴して勉強していましたら数学が大好きになりました。講座で数疑兇魯泪好拭爾靴泙靴燭もっと幾何学を含めて勉強したい意欲で一杯です。数学も基本から勉強して勉強を続ければ理解出来るようになり本当に面白い科目ですね。高校を卒業した当時はこんな仕事の問題は出来ませんでしたね。2月で満80になりましたが毎日時間を創りいろいろ勉強しています。インターネットでいろいろ学べる時代になりました。本当に有難い時代ですね。大変有難うございます。 (佐藤甚喜)
2015/6/15 数学大好き さん、コメントありがとうございます。根号計算は中学の数学の基礎なので、よかったです。 (筆者)
2015/6/13 式を計算する2 規則集4
わかりやすい! (数学大好き)
2015/6/8 yoshiyo さん、お役に立てて幸いです。
「得点の絶対値の(正の)差」を求める問題なのですね。
|7|−|−9|=7−9=−2
|−9|−|7|=9−7=2 (差が正) 
なお、「得点の差の絶対値」は、
|7−(−9)|=|−9−7|=16 です。  (筆者)
2015/6/6 2数の差の絶対値
中学生を教えていて絶対値の応用問題で自信の無い問題がありましてこれを参考にさせていただきました。問題と言うのはゲームの得点で最高が7点最低が−9点、得点の絶対値の差は何点か?というものでした。おかげで2点とわかりまいた。ありがとうございました。 (yoshiyo)
2015/5/30 堀之内さん、コメントありがとうございます。出張のため、返信が遅くなりました。
1次、2次という用語は、方程式や関数でも使われます。
 x−3=0 (1次方程式−中1)
 x
−2x+1=0 (2次方程式−中3)
 y=4x+1 (1次関数−中1)
 y=2x (2次関数−中3)  (筆者)
2015/5/22 1次式と2次式
良いですね〜 (堀之内楓)
2015/3/5 わっちょさん、簡明な解法をご指摘いただき、ありがとうございます。別解として本文に追加させていただきました。 (筆者)
2015/3/4 面積の差
 数学を忘れないようにいつも取り組んでいます。
 問題1についてですが、内側の正方形の一辺をyとするとその面積はy^2で10と等しくなります。また、直角三角形で考えると三平方の定理が成り立ちy^2=x^2+(4-x)^2です。この二式を使っても同じ二次方程式になります。
 私としてはこちらの方がやりやすいと思うのですがいかがでしょうか。 (わっちょ)
2015/2/12 shiho さん、コメントありがとうございます。お役に立てて幸いです。 (筆者)
2015/2/11 平行・垂直・ねじれ
すごくわかりやすくて為になりました!
ありがとうございました。<m(__)m>
学年末テストがあるので頑張ります。 (shiho)
2015/2/2
なおさん、こんにちは。
全国学力テストで出題されています。 
 学力テスト問題 中学生  (筆者)
2015/1/31 平行・垂直・ねじれ
他に練習問題あります? (なお)
2015/1/28 リマさん、コメントありがとうございます。
2点間の最短距離は直線ですね。
最短経路の作図 も参考になるかと思います。 (筆者)
2015/1/28 円錐上の最短距離
すっごくためになりました! (リマ)
2015/1/15
あ さん、ご指摘ありがとうございます。
最頻値の「・・・(答)」の後に、本文と無関係な記述があったので
削除しました。
(3) 最頻値
 最多人数は14人なので、最頻値は3点 ・・・(答)
 (10+1)/2=5.5
 中央値は、5番目と6番目の平均なので、
 (4+4)/2=4 (点) ・・・(答)

また、中央値が特定しやすいように、階級の絞り込みを分かりやすくしました。 (筆者)
2015/1/14 中央値を求める2
わからない。 (あ)
2015/1/13 とかいさんの質問にお答えします。
 21=3×
 1から21までの自然数で、2数(
,21)が互いに素である個数(=最大公約数が1になる個数)は、
1,2,,4,5,,8,,10,11,12,13
   1415,16,17,18,19,20 の20個のうち
3の倍数6個と、7の倍数2個を除いた個数です。(注)
したがって、互いに素である個数は、
 20−(6+2)=12 (個) ・・・(答)
(注) 3の倍数は、21/3−1=6 (個)
    7の倍数は、21/7−1=2 (個)

 1を引くのは、
=1〜20 なので。2数が(21,21)の場合はない。
 本文を、分かりやすくしました。ご参照ください。

 (筆者)
2015/1/12 互いに素
類題の(3)の解説について
 21−{(7−1)+(3−1)+1}
=21−{21/3−1)+(21/7−1)+1}
なぜこのような式変形ができるのでしょうか。 (とかい)

コメント(2015) コメント(2014)
コメント(2013) コメント(2012)  コメント(2011)  コメント(2010)

- | 中学から数学だいすき! 目次 | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする