中学から数学だいすき!

算数や数学はにがて。でも、あきらめないで。
得意な人は、ミスをなくそう。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 確率を求める3 まとめ2 | 最新へ | 確率を求める3 まとめ4 >>

確率を求める3 まとめ3

確率を求める3 目次 >

確率−玉の色
1.  白玉2個、黒玉3個が入っている袋があります。この袋から玉を1個取り出して色を調べ、それを袋の中にもどすことを2回くり返すとき、1回目、2回目ともに同じ色の玉が出る確率を求めてください。 
2.  箱の中に赤玉2個、青玉2個、白玉1個の合計5個の玉が入っています。この箱の中から、A、Bの2人がこの順に1個ずつ玉を取り出します。ただし、取り出した玉は箱の中にもどさないものとします。
(1) Aが青玉を取り出す確率を求めてください。
(2) A、Bの2人のうち、少なくとも1人が青玉を取り出す確率を求めてください。
3.  Aの箱には、2、3、4、5、6の数が1つずつ書かれた5個の玉が入っています。Bの箱には、4、5、6、7、8の数が1つずつ書かれた5個の玉が入っています。
 A、Bの箱から、それぞれ1個ずつ玉を取り出すとき、取り出した2個の玉に書かれた数の積が2で割り切れない数である確率を求めてください。
4.  箱の中に、1、2、3、4と書かれた4個の玉が入っています。この箱の中から1個を取り出し、玉に書かれている数字を調べ、それを箱にもどしてからまた、1個を取り出し、玉に書かれている数字を調べます。
 はじめに取り出した玉に書かれている数字を十の位の数、次に取り出した玉に書かれている数字を一の位の数として2桁の整数をつくるとき、24以上の整数になる確率を求めてください。
5.
 2つの袋A、Bがあり、袋Aの中には、1、3、5、7の数字が1つずつ書かれた4個の玉が、袋Bの中には、2、4、6,8の数字が1つずつ書かれた4個の玉が入っています。
 この2つの袋の中からそれぞれ玉を1個ずつ取り出すとき、袋Aから取り出した玉に書かれた数を a 、袋Bから取り出した玉に書かれた数を b とします。このとき、2a+b の値が3の倍数になる確率を求めてください。

答 え

確率−カードの組と並び
1.  1から5までの数が1つずつ書かれた5枚のカードがあります。この中から同時に2枚のカードを取り出すとき、取り出したカードに書かれた数の和が奇数となる確率を求めてください。
2.  7から10までの数が1つずつ書かれた4枚のカードがあります。この中からAとBの2人が続けて1枚ずつひきます。Aがひいたカードに書かれた数を a、Bがひいたカードに書かれた数を b とするとき、a−b≧2 になる確率を求めてください。
3.  1から5までの数字が1つずつ書かれた5枚のカードがあります。この中から同時に3枚のカードを取り出すとき、
(1) 取り出し方は全部で何通りですか。
(2) 取り出した3枚のカードに書かれている数の積が偶数となる確率を求めてください。
4.  箱の中に数字を書いた4枚のカード 〔1〕 〔1〕 〔2〕 〔2〕 が入っています。これらをよくかき混ぜてから、2枚のカードを取り出すとき、それぞれのカードに書かれている数字が同じである確率を求めてください。
5.
 〔1}〔2〕〔3〕(4)の4枚のカードがあります。このカードから続けて2枚引き、1枚目を十の位、2枚目を一の位として2桁の整数をつくります。
(1) 2桁の整数は全部で何通りできますか。
(2) 2桁の整数が3の倍数となる確率を求めてください。
(3) 最初の4枚のカードのうち、〔3〕のカードを〔5〕のカードと入れかえて、同様に2桁の整数をつくります。このときできる整数は、カードを入れかえる前と比べて3の倍数になりやすいか、なりにくいか、変わらないか、記号で答えてください。
ア なりやすい  イ なりにくい  ウ変わらない

答 え


- | 中学から数学だいすき! 目次 | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする