中学から数学だいすき!

算数や数学はにがて。でも、あきらめないで。
得意な人は、ミスをなくそう。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 展開図 | 最新へ | 立体の表面積 >>

円周率の近似式

空間図形 目次 >

 偶然の美しさといえましょう。円周率を、355/113 で近似することができます。誤差は1千万分の1と非常に小さく、近似式の数字には規則性が見られます。
   円周率の近似式
1.無数にある整数の組み合わせ中、誤差10-7 の近似ができる。
 8桁の電卓で計算すると、355/113=3.1415929 です。円周率の8桁は 3.1415926 なので、値の差は0.0000003・・・です。円周率と比べた値の差は、1.0×10-7 です。
  絶対誤差=355/113−π=0.0000003 ・・・
  相対誤差=(355/113−π)/π=1.0×10-7

2.最小の奇数1・3・5が2個ずつ連続する。
 分母から分子へ数を並べると 113355 となり、1から始まる奇数が11→33→55 と連続しています。

3.分母と分子の数字に相互関係がある。
_爾半紊凌瑤鮟帖| | |)に足すと、4・6・8という偶数が連続する。
  1+3=  1+5=  3+5=
下と上の数を縦(| | |)に掛けると、3・5・15になり、3×5=15 である。
  1×3=  1×5=  3×5=15
2爾半紊凌瑤鮗个瓩判帖)に足すと、すべて6になる。
  1+5=  1+5=  3+3=

4.3と6の数字が関係する。
 π≒3 とすると、円の面積≒×半径2 、円周≒×半径 です。
 分子と分母の個数はそれぞれです。
 分子と分母を合わせた個数はです。
 誤差は少数点以下のゼロが個続き、絶対誤差はゼロのあとになっています。


- | 中学から数学だいすき! 目次 | comments(0) | - | permalink

この記事に対するコメント

コメントする